採用情報

▶ 社長からのメッセージ

当社は、猟銃製造のミロクグループが銃床加工時に出る高級木材の端材の活用をきっかけとして始めた新事業の会社です。猟銃づくりで必要とされる「天然高級木材を過酷な環境下での使用に耐える銃床に加工する技術」を「高級車の木製ハンドル製造」に生かしたことが事業の成功要因です。
当社は高知県内では数少ない自動車産業に関わる仕事をしていることから地元地域からは雇用や経済面で大きな期待をされており、経済産業省から“地域未来牽引企業”に選定されました。
また、2006年からスタートした高知県の竹資源を有効活用する産官の共同研究開発プロジェクトから『竹ハンドル』を開発し、2012年にはレクサスに採用されて県内に新たな雇用と産業を生み出してきました。
自動車産業の集積地からは遠い高知県という場所に位置しながらも木材の独自の加工技術を生かした自動車部品事業を展開し、トヨタの高級車の付加価値を上げるという期待に応えると共に地域への貢献も果たしています。
これからも、こうした顧客と地域の期待に応えて事業を発展させていくためにば情熱を持った若い人たちの力が必要です。木材の持つ無限の可能性を追求しながら価値ある製品づくりにー緒にチャレンジしてくれるチームメイトの応募を待っています。

▶ 会社データ

商号 株式会社ミロクテクノウッド
設立 1999年11月11日
代表者 片山弘紀
資本金 8,000万円
所在地 〒783-0006 高知県南国市篠原537-1 TEL 088-880-6713 FAX 088-880-6711
事業内容 輸送用機械器具部品の製造及び販売
従業員数 106名(2019年6月1日現在)
初任給 当社規定による
昇給 年1回
賞与 年2回
勤務時間 7:50~16:55 他(実働8時間、休憩時間65分)
休日休暇 年間休日数116日(土日、年末年始、GW、夏季休暇)、有給休暇、慶弔休暇
福利厚生 各種社会保険(雇用、労災、健康、厚生)、退職金制度、各種クラブ活動
選考方法 書類選考、適性検査、筆記試験、面接

▶ 社員・職種紹介

開発部開発課
松本 栄樹 さん
( 2014年入社 豊橋技術科学大学環境生命工学科卒 )

仕 事 紹 介

開発課では、自動車部品の新しい意匠や形状等の開発・提案を行っています。量産車に採用されると、街中やショールームで実際に自分の手がけた製品を見かけることができるやりがいのある仕事です。私は主に、試作品製作を担当しており、図面や機械加工プログラムを作成し、実際にその試作品を仕上げるまで行っています。

メッセージ

ミロクテクノウッドの社員の皆さんは非常に親切で明るく、働きやすい職場というフレーズがぴったりの会社なので、毎日楽しく仕事に取り組めています。

購買部購買課
西岡 諒 さん
( 2013年入社 高知工科大学マネジメント学部卒 )

仕 事 紹 介

購買課では、木材や樹脂、塗料といった自動車部品の原材料や副資材類の調達を行っています。ロットやリードタイムが品目毎に異なる材料が欠品や在庫過多にならないよう、生産計画を元に仕入先とコミュニケーションを取りながら発注量と在庫を管理しています。

メッセージ

会社に就職する事で、今まで関わった事の無い方達との出会いが待っています。不安に思う事も多々あるかと思いますが、当社は従業員同士ざっくばらんに話や相談が出来る会社です。ぜひ私達と一緒に楽しく働いてみませんか。

生産部生産2課
又川 翔 さん
(2003年入社 高知東工業高等学校電子機械科卒)

仕 事 紹 介

ハンドル革巻き部の下地となるウレタンを成形する工程を管理しています。温度湿度の影響を受け易い工程なので苦労もありますが、先輩方の指導と班員の努力のおかげもあって品質を維持できています。これからも班員と共に努力して行きたいと思います。

メッセージ

「竹ハンドル」のように当社しか製品化していない世界初の製品に携わることができます。社内は上司と部下の関係性が良く相談し易い環境で、年末の慰労会では、上司・部下・部署関係無く話ができ楽しい時間を過ごせるハズです。

生産技術部生産技術課
公文 亮 さん
(2004年入社 高知工業高等学校工業化学科卒)

仕 事 紹 介

新製品立上げに伴うライン設計や設備導入、生産工程の改善などを行っています。生産部門や開発部門などと協力して製造過程で起こる問題を解決し、品質の良い製品をお客様に届けれるよう日々努力しています。

メッセージ

私は、幅広い知識を身につけ自分自身が成長できる環境がこの会社にはあると感じています。生産技術課ではお客様からの高い要望に応えるため、努力し課題を乗り越えることに楽しさや達成感があり、大変やりがいのある職場です。

PAGE TOP